就職の幅を広げるなら海外就職に目を向けてみよう!

htrsjytjdサービス残業、過剰労働、ブラック企業など、日本にいるとどうしても就職に対してマイナスな面が顔をのぞかせることがあります。
また実際に働いていて、日本では働けないと感じている方や、そもそも日本で月退職がないという方もいるかもしれません。
そういう方は海外への就職を検討してみてはどうですか。

海外で働くためには

まず海外で働くにはどういう方法があるかを考えてみましょう。
働くだけを考えると、日本企業に就職後、駐在として海外に出向するという方法が考えられます。
会社によっては届け出をすれば優先的に出向かせてくれるところもあるでしょう。
この場合数年で日本に帰ってきますから、海外で働き続けるという意味では難しいです。
海外支社がある場合には希望を出して、海外での勤務が可能になる場合もあるでしょう。
日本を飛び出して海外で腰を据えたいという場合には、現地の採用に応募する方法もあります。
ただ現地採用と言っても、海外にある日本企業に応募するのか、現地やまた別の国の企業に応募するのかでその後が大きく変わってきます。
日本企業に応募した場合には、日本人が同僚にいる場合がありますし、日本への連絡係など日本人であることがアドバンテージになることもあります。
逆に日本企業以外になると、日本人だということがプラスになることは少なく、国際人としての資質が求められることになります。
当たり前ですが、現地採用の場合にはある程度語学は必要になるでしょう。
少なくとも採用情報は読まないといけなくなりますからね。
出向して海外に行った場合には、日本語しか話せなくても大丈夫ということも多いですね。
最後に外国で起業することも考えられるでしょう。
ただ日本で起業するのとはわけが違います。
起業するためのルールが各国で違いますし、それを自分で調べないといけません。
円滑に起業するためにも現地でのパートナーがいた方が良いですし、超えるべき壁がたくさんあるのは確かです。
気になる場合には各国大使館にある「商業部」がその国の仕事に関心がある人の窓口になっているようです。

海外で就職するうえであった方が良いもの

kuiilg海外で働くことを考えた場合、英語(もしくは現地の言葉)が話せるに越したことはないでしょう。
日本語と英語が話せるだけでも、就職だけではなくその後の生活でも大きな違いになってきます。
また、日本での経験も重要です。
「日本で大きなプロジェクトを成功させました」とか「プログラミングが得意です」というのはもちろん、「日本語を教えられる」など日本に関連した技術を持っていると就職には有利になるでしょう。
日本でもそうだと思いますが、同じレベルの技術を持った日本人と外国人のどちらか一方を取るとしたら、日本人を取りますよね。
外国の場合も同様で現地の人を選びます。そこで現地の人に負けないプラスアルファ要素として、なぜその人でないといけないのか、という理由が必要になるわけです。
何よりも就職を有利にするには、現地のコネクションがあったらいいでしょう。
現地で頼れる人がいることは、それだけで動きやすくなりますし、コネクションを使ってそのまま就職という可能性もあります。
特にコネクションが重要視される国もありますので、無いよりはあった方が断然に良いです。

日本語しか話せなくても就職できる

英語や現地の言葉を話せた方が良いのは間違いないです。
ですが、日本語しか話せないから就職できないかと言われたら、それは違います。
日本で日本語が出来ない外国人が働けるように、逆もできるはずなんです。あとは、行ってからどれだけ努力したかになるでしょう。

新着情報

◆2016/11/28
就職の幅を広げるなら海外就職に目を向けてみよう!の情報を更新しました。
◆2016/11/28
当サイト運営者を新規投稿しました。
◆2016/11/28
海外に転職するにはどうするべきか簡単なフローをご紹介の情報を更新しました。
◆2016/11/28
海外で就職するときにあったらいいものって?の情報を更新しました。
◆2016/11/28
外国に就職するときに調べておきたいことの例を新規投稿しました。